NEWS

報道関係者各位
マーベリック株式会社

【CASE】
ROAS 5000%への貢献は、
「プロダクト」だけでなく「ヒト」が重要

 

ミドリ安全株式会社 古谷様、染谷様にご協力いただき

弊社DSP「Sphere」の効果的な使い方などを事例としてご紹介させていただきます。

 

 

―本日はよろしくお願い致します。

―最初に御社について教えてください。

 

(古谷様)

ミドリ安全という会社は、「安全衛生保護具」を中心に、働く人々に必要な商品や災害時に役立つ商品などを販売しています。

従来では、基本的に営業が車に乗って販売している会社でした。ただ時代の流れもあって、11年前にeコマースを使って、もっと自由に、幅広い方々にもご購入いただける場所を作りました。

私は、そのeコマースの立ち上げのために入社をし、営業と共に既存のお客様を回って商品の流れを把握して、5年程経ってようやくeコマース事業が軌道に乗り始めました。

以降eコマース部署は徐々に拡大していき、現在発送などの運営を含めてこちらの小菅のオフィスで集約しています。

 

右奥:古谷様 右手前:染谷様

 

 

―Webプロモーション戦略はどのタイミングから本格的にされていたのでしょうか?

 

(古谷様)

Web広告というところでは、立ち上げ当初よりリスティングなど少しずつ施策を行っておりました。当時は他社でもeコマース事業が騒がれてましたから、社内では「やらなければいけない!」という温度感がとても強くありました。

ただ弊社はBtoB商材であることから訴求がとても難しく、どのようにしてターゲットへアプローチをしていくか、とても悩んでいました。そんな中、偶然ではありますがマーベリックさんとの出会いがありました。

 

(見目)

お、これは私の出番ですね!笑

 

 

マーベリックとの出会いについて詳しく教えてください。

 

(見目)

マーベリックでBtoB向け新たなセグメントが生まれたのがきっかけで、アウトバウンドで御社にご連絡をさせて頂きました。その時ご対応頂いたのが、染谷様でした。

 

(染谷様)

よくこんな忙しい時期に連絡してきたな・・と最初はお断りをしました。ただ、また後日見目さんから連絡をもらい、試しに「じゃあ明日の9時に提案書持って来てくれますか?」と言ってみたんですよ。そしたら本当に来てくれて(笑)見目さんの勢いに負けた、という感じでしたね。

 

(見目)

当たり前じゃないですか。せっかくお会いできる機会を設けていただいたのに行かない選択肢はありませんでしたよ。

 

(染谷様)

それと実は見目さんとはもう一つ偶然の出会いがありましてね、たまたまマーケティングの展示会に寄った際、マーベリックさんが出展しているのを見つけまして。突然「見目はいるか!」とブースの前で呼び出したんですよ(笑)

 

(見目)

あれは驚きましたね(笑)私がちょうど休憩に入っている時間で、社内のメンバーから大量の着信履歴があり急いで戻ったのを覚えています。これが2度目の出会いとなり、そこから古谷様もご一緒に御社とお仕事させていただいて、今ではもう2年になりますよね。

 

(染谷様)

お互い、インパクトのある出会いでしたね。

 

 

 

 

―マーベリックを選んでいただいた当時、何かプロモーション施策での課題があったのでしょうか。当時抱えていた課題などありましたらお聞かせください。

 

(染谷様)

Web施策を試行錯誤する上で、もちろんDSP広告もやっておりました。ただ先ほどもお伝えしたとおり弊社の商材は特殊なので、SphereでのBtoB訴求がとても相性が良いと思いました。

当たり前ですが、フロントの営業さんがどれだけよくてもプロダクトがよくないと導入はできないので、Sphereの強みを活かしてどういったシナジーを生み出せるか、様々なご提案を頂きました。そのご提案の中で、弊社のシーズナリー商品年間の注力商材など中心に、屋外作業の現場作業者や製造業などの層に向けてピンポイントでアプローチをかけられるという魅力を知り、Sphereを導入することに決めました。

 

 

―Sphereの活用方法や、導入後どんな課題解決ができたか教えてください。

 

(染谷様)

Sphereのセグメント力を活かして、新規ユーザーの認知誘導を図り、他媒体での刈り取りをする、といった活用をしています。

 

(吉田)

Sphereの役割としては、CVを取るためのものというよりは他媒体で刈り取りやオーガニックでCVを取るためのパスをする役割ということですよね。

 

(染谷様)

その通りです。媒体毎で得意分野は異なりますし、Sphereの強みを存分に活かしたWeb施策ができていると思います。直接CVを出しているのは他媒体ですが、ROASがmax 5000%と高い数値を出しています。ここに寄与しているのはSphereではないかと思います。

 

「Sphereを使えば、他社媒体も効果が上がる」と、うたっていいのではないかと思いますよ。

こういったことも踏まえ、今では担当である営業見目さん運用吉田さん、のヒトが変わるなら取引を続ける気はない、というくらいお二人を信頼してますよ。

 

 

―その他Sphereの評価できるポイントは御座いますか。

 

(染谷様)

振り返りでもらうレポートも凄く評価ができますね。他社さんは定例会でも「数値報告」にフォーカスをあてがちですが、吉田さんは具体的な「改善」の提案もしてくれています。CPCの低減はどうしようか、やトライアルでこの業種のセグメントをやってみないか、など色々細かく提案していただいていますね。

 

(古谷様)

そうそう、時間帯の分析も細かくやっていただいていてね、弊社の商材にあった傾向を見たり細かく見てもらえるのはとても嬉しいですね。

 

 

最後に、今後御社で取り組まれていく中長期的な施策や、弊社に求めることはありますか?

 

(染谷様)

今はAIがどう広告に活用されていくのか、とても興味があります。Web広告の分野ではAIを活用したとしても(Machine Learning)機械学習タイプが非常に多い状況ですが、(Deep Learning)深層学習タイプが他社でも出てきており、そういった深層学習でいかに広告を活用していくか、に興味があります。マーベリックさんもこの「AI」を活用した提案など今後いただけると嬉しいですね。

例えば今リスティング広告をやっていますが、AIで自動的に説明文などを抽出して自分で選ぶといった内容もありますので、リスティングにせよ、DSPにせよ、広告はヒトが介在せざるを得ない領域があると思っていますが、効率よくAIに任せるといった部分に興味があるので、今後のマーベリックさんの動きにも期待したいです。

古谷様・染谷様と、弊社担当吉田・見目

 

 

本日は御忙しい中ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!!

 

Sphereに関する
お問合せはこちら

 

 

【ミドリ安全株式会社について】

本社所在地:東京都渋谷区広尾5丁目4番3号

代表者  :代表取締役社長 松村不二夫
事業概要 :安全靴、ヘルメット等安全衛生保護具、オフィス・ワーキングユニフォーム・産業用防護服、
空気清浄機・喫煙所システム・エアフィルタ等の環境改善機器、
応急用酸素吸入器等の医療用具・機器、絶縁監視システム等の電気計測・設備機器の製造・販売
URL   :https://www.midori-anzen.co.jp/ja/