DEVELOPMENTJOB INFOINTREVIEW

マーベリックの開発組織を語るうえで外せないのが、開発チームを管轄する代表の美留町と、
若くして開発ディレクター兼マネージャーを務める木村である。

元々木村は、2016年にインターン生としてマーベリックの門を叩いた。
実を言うと、当時はかなりのIT音痴だったそう。

あれから2年の時を経て、
開発チームのマネジメントを美留町から託された木村と、
大胆な人事采配を振るった美留町の、開発チームに対する思いを語ってもらった。

MVでエンジニアとして働くうえでのやりがいってなんだと思いますか?

全プロダクト全領域、触ろうと思えば触れるところですね。

裁量が大きい会社だと思います。やる気さえあればどんどん上を目指していける環境だと思ってます。

そうだね、全プロダクトのソースも見れるし、サーバーも触れる。 それこそ、一人でフロントからサーバーサイドまで、やろうと思えばできてしまう。

あと、新しい言語やフレームワークの採用についても積極的なので、やりたいと言えば出来ます。

そういう意味では、新しい技術を吸収したいエンジニアにとっては楽しめる環境なんじゃないかな、と思ってます。

また、開発組織と営業組織どちらも自社内で保有しているので、自分たちが開発したプロダクトがどうなったのか、 よくわかる。エンジニアにとっては大きなやりがいだと思います。

うん。更に言うと、営業とエンジニアを繋ぐ機能としてディレクターが存在しているので、エンジニアは開発に集中 できる環境だと思ってます。

MVの開発組織ってどんな組織ですか?

総じて技術力が高い組織ですね。周囲の技術力に対して不満を持つことはないんじゃないですかね。

木村さんのキャリアについて少し聞かせてください。
まず、美留町さんから見た木村さんのキャリアってどんなキャリアですか?

本人はアカデミック、勉強に優れている人間なので、エンジニアにもチャレンジしてもらいたいなという想いはあります。ただ、人には出来る事出来ない事、やれる事やりたい事、があるので、それを踏まえると今は出来る事で伸ばしていった方が木村のマーケット価値は高くなる。で、最終的に今やってる仕事でマーケット価値を高めていけば、木村はどんな仕事を選んでも困らない強いキャリアになると思ってます。

木村さんのキャリアは、若くして相当な裁量をもってると認識してます。

出来そうだけど今は出来ないことをふってるからね(笑)確かに社会人経験3年で、2,30人をマネジメントするってさすがに早い気もするけど、そもそも出来るやつしかやっちゃだめ、なんてルールありませんからね。

正直今後のキャリア形成に「自分がこうなりたいから」っていう軸がないんですよね。自分のキャリアがこうなるか ら、自分がこうしたいから、とかは全くないですね。今の立場では、こんな組織にしていきたい、しかない。 でも大変です。組織を変えるっていうのは変化が伴うので、とてもストレスがかかります。

思ってた以上に難易度は高いよね。

ほんとに。元々人とコミュニケーションを沢山とるような経験をしてこなかったので、今も苦労してます。 更に言うと、僕入社するまでIT音痴だったんですよ。ワードと、スマホだと乗換案内・LINE・ゲームくらいしか触っ たことがなかったんです(笑)それでも、スキルのない自分がディレクターとして必要なスキルをキャッチアップして いく過程で、「出来ない自分を許容してくれた美留町さん」、「快く様々な事を教えてくれたエンジニアのみんな」 に対する感謝は大きいし、ファーストキャリアがマーベリックで本当によかったと思ってます。

その時、美留町さんはどんなふうに木村さんの事を見ていたんですか?

僕は出来る出来ないではなく、「素養」で判断しています。だから、今出来なくても素養を感じれる間は出来るまで 待つし、それがその人の為にもなると思ってる。 木村には素養を感じていたので、大丈夫だろうと思って見てましたね。

裁量の大きなマーベリックに入社出来て良かったと思っています。

裁量の大きい組織創りをしていくうえで大切にしていることはありますか?

一番は権限を委譲することですかね。自分が社員なら権限委譲を求めますから。

今後どんな組織にしていきたいですか?

主体性の高い組織にしたいと思ってます。プロダクトサービスを踏まえた主体性。

僕もそれは同じで、自分たちが「プロダクトを作っているということに対する熱量」の高い組織であり続けたいと思 ってます。

主体性は今後もより一層高めていきたい部分ですね。組織としても、より変化感が伴うフェーズにきているので。

個人的には、何をするにしても楽しもうと思うと一定の余裕が必要だと思ってます。とはいえ、結果が伴わないと楽 しめない。だから、大前提仕事を楽しみながら、主体性と熱量を持った組織でありたいと思っています。

どんな人と働きたいですか?

前提条件として、技術が好きな人ですね。現段階で技術力が高いか低いかは気にしません。ただ、好きじゃないと 伸びていかないので。あとは、斜に構えている人ではなくて、全力な人。結局何かに本気になっているのが一番恰好 良いと思うんですよね。だから、全力な人。

そうですね、せっかく縁があって一緒に働くなら、全力でやりあえる人がいいですね。

主体性は今後もより一層高めていきたい部分ですね。組織としても、より変化感が伴うフェーズにきているので。

でも楽しくないと全力にはなれないよね。極論、「会社のメンバーでご飯を食べながら技術や趣味の話するのが楽し み」でもいいから、何かに楽しみをもって会社に来てもらいたい。なので僕たちとしては、技術が好きで、会社を全 力で楽しめる人に来て欲しいなと常日頃思ってますね。